1%の差違

こんにちは、たいぞうです(・ω・)

 

今日は、1%の差違について書いていきます。

 

と言うものの、なんだ突然となるかもしれないですが、

 

たかが1%、されど1%。

 

例えば、100万円の1%って1万円ですよね。

 

これが、+、-で起こったらその差2万です。

 

実際、機械割りがちょうど100%でどちらに左右されるかはかなり大きいという話し。

 

かつ、当選率などでの1%。

 

たかが、1%でも100回試行したら1回は当たるかもです。

 

そんなことを言ったらきりが無いですが、

 

たかがではなく、もです。