ヴァルハラ金融システムその6(・ω・)

こんにちは、たいぞうです(・ω・)

 

先日から、いろいろ書いていますが個人的な意見なだけであって、馬鹿にしてるつもりはありません!

 

なので、間違っていても起こらないでください。(笑´∀`)

 

さてさて、先日はメリットについて書きましたが今度はデメリットについて書いていきます。

 

最大のデメリットは、ミスがないこと。

 

普通のシステムでも設定通り注文、決済は行われます。

 

ただ。

 

しっかりと決済できれば利益になりますが、すべって決済できなかったとき。

 

この時には損失が出ます。(笑´∀`)

 

なので、そこは見極めてください。(笑´∀`)

 

それでは。

ヴァルハラ金融システムその5(・ω・)

こんにちは、たいぞうです(・ω・)

 

先日は、さやどりシステム編でしたね。

 

使うメリットを本日書いていこうと思います。

 

ちなみに、先日質問がありましたがどれくらい利益が出るのか。

 

それは、今度教えるので待ってください。(笑´∀`)

 

さてさて、メリットについてですがおそらくお気づきでしょうが多数の局面を監視できる。

 

例えば、人が取り引きを行った際、

 

A、Bは取り引きできたけれども、実は同時にB,Cでもさやができていた。

 

なんて際は、システムで行う際は両方取り引きしちゃえます!

 

ここの壁はどう頑張っても、人間には越せない壁ですよね・・。

 

これが、最大のメリットです。

 

ちなみに次はデメリット書きます。

 

それでは。

ヴァルハラ金融システムその4(・ω・)

こんにちは、たいぞうです(・ω・)

 

前回はさや取りに関して書きましたが、今回はその続きを書きます。

 

さて、さやについては何となくわかっていただいたのかと思いますが、今回はシステムによるさやについてです。

 

使ったことのない方からすると、なぜ機械で?と思いになると思いますが、理由は単純!

 

フォローできる幅が広がるからです。

 

先の例でたとえるならば、A、Bを1人の人がフォローできるとすると、システムは・・。

 

設定さえすれば、どこもかしこもフォローできます( ^o^)ノ

 

まぁ、それくらいはご存じだとは思いますが・・・。(笑´∀`)

 

なので、ありとあらゆる場面で行われている取り引き、状況を常に監視できます。

 

このメリットについては後日。

 

それでは、次回!

ヴァルハラ金融システムその3(・ω・)

こんにちは、たいぞうです(・ω・)

 

更新遅くなりました・・。

 

前回「さや取り」についてですが、少し書いていきます。

 

価格のゆがみと一言で言ってもわからないですよね(――;)

 

たとえば!

 

Aと言うお店と、Bと言うお店があります。

 

AではあるゲームM4が5000円で売っていて、買い取り4500円です。

BではあるゲームM4が3500円で売っていて、買い取り3000円です。

 

この状況をリアルタイムでわかっていれば、Bで買ってAで売れば1000円の収益になります。

 

ところが、そんな状況はわかりづらいですよね(――;)

 

そこで、システムの出番です。

 

その詳細は次に書きます。

 

では、また。

分散投資について続き(・ω・)

こんにちは、たいぞうです( ^o^)ノ

 

分散投資についてさらに書いていきます(・ω・)

 

さて、掘り下げるの「ほ」の字までしか書いていないですが、続き書いていきます。

 

たとえば、株の話。

 

自動車の株なんてわかりやすいですが、会社は別なのですがなぜか一方が上がるともう一方も上がる。

 

そんな銘柄が、ごまんとあります。

 

一応目安として、個人的には1:1ではなく、1:2等の比率で持つことをオススメします。

 

理由としては、仮に下がった際の買い増しなどを考えてです。

 

これにより、リスクを軽減できるということがあるからです。

 

この件に関しては、専門書をご覧いただくことをオススメします。

 

なぜか?笑

 

説明が下手だからです。笑

 

とりあえずここまで。

分散投資について(・ω・)

分散投資について(・ω・)

 

こんにちは、たびたびたいぞうです( ^o^)ノ

 

以前分散投資について書いてみましたが・・。

 

少し掘り下げて書いてみます!

 

分散投資の基本となるのが、関連性の少ない銘柄を複数持つこと。

 

これにより、先にも書きましたがすべてがマイナスになると言うリスクを軽減させる。

 

これに関しては、当然ですがそれだけではなく、比率などを考えて行った方がいいです。

 

一応理由も合うのですが、あからさまに関連のなさ過ぎるものなら特にですが利益を上げるためにやる訳なので、買う際は必ず確認した方がいいです。

 

少ししか書いていませんが、これだけでも知識、経験は大事だとなんとなくわかりますよね?笑

 

とりあえず、ここまでです。

ヴァルハラ金融システムその2(・ω・)

こんにちは、たいぞうです(・ω・)

 

前回は、金融システムについて書きましたが・・。

 

実際どんな事をシステムがやってくれるか、簡単に説明します。

 

簡単に言うと「さや取り」です。笑

 

以上!

 

と言ってもわからないと思いますが、実際にシステムがやってくれるので特にやることはないです。

 

そこが、自動売買のいいところ。

 

で、その「さや取り」ですが、簡単に言うと、価格のゆがみを利用して利益を取る。

 

と言ってもまたまたわからないですよね。笑

 

「さや取り」については次に書きます。

 

それでは次回( ^o^)ノ

ヴァルハラ金融システム(・ω・)

こんにちは、たいぞうです(・ω・)

 

前回は、少しだけ公開しましたが、中にもっと公開しろと言う言葉をいただきましたが、

 

断固拒否します(笑´∀`)

 

丸裸になるし、いくら使っているんだと言われかねないので・・・。

 

ですが、ここまで書いといて「たいぞう器の小さいやつだな」と思われたくないので、

システムトレードだけ公開します。

 

まだあるかどうかは、直接確認してください(笑´∀`)

 

タイトルにもあるように、ヴァルハラ金融システム。

 

かっこいい名前ですが、結構システムって強そうな名前や、かっこいい名前が多いんですが、名前で判断しない方がいいですよ(――;)

 

たいぞう、いろいろ試しましたがピンキリです。

 

あと、PCのスペックにより大きく左右されるのも多いです。

 

詳細は割愛しますが、一応どんなものかだけ次に書きます。

 

それでは。

一部公開(・ω・)

こんにちは、たいぞうです(・ω・)

 

本日は、たいぞうの持っている銘柄、システムなどの一部公開したいと思います。

 

一応大まかには公表しましたが、今回少しだけ、少しだけですよ?

公開しようと思います。

 

1つ目は、大手自動車メーカー(・ω・)

 

これは、かなり持ってます。

 

2つめは、先物オイル。

 

3つめは、メタトレーダーとヴァルハラ金融システム。

 

これが、調子いいんですよ(――;)

 

特に今好調なのが、3つめ。

 

先物は、期待を込めてという感じですね(・ω・)

 

とりあえずここまで。

投資信託その後(・ω・)

こんにちは、たいぞうです( ^o^)ノ

 

さて、先日更新内容の続きなのですが、結果少額ですが始めようかと思います。

 

悩んだあげくですが、理由として分散投資のため。

 

何かと備えは必要ですから。

 

分散で投資することにより、特に基本となるのが関係性がない商品ならばなおさら。

 

簡単な話、これをすることにより片方が不調な際に穴埋めできる事が多いからです。

 

なので、投資を始める方!

 

必ず、分散で投資を行ってください!

 

それでは。