性格による投資その2(・ω・)

こんにちは、たいぞうです(・ω・)

さてさて、前回に引き続き性格による投資です。

さんざん注意しておりますが、個人的な見解です。(笑´∀`)

続きですが、何事にも冷ややかな方。

まぁ、こんな人いるのかとも思いますが・・・。

こういう方は、ずばりシステムトレード!

理由として、こじつけになりますが、機械と同じで冷ややか(^_^;)笑

でないと、正直システムトレードで損をした時に冷静でいられないですから。

次に、疑い深い性格。

この方も投資に慎重な分、堅いものをおすすめします。

いざ、金利のつかない定期預金へ。笑

 

性格による投資(・ω・)

こんにちは、たいぞうです(・ω・)

 

さて、今回は全くちがう内容の話です。

 

性格別、おすすめ投資です(笑´∀`)

 

これは、あくまでたいぞうによる独断と偏見なのであいからず。(笑´∀`)

 

まず、熱しやすく冷めやすい方!

 

投資、ギャンブルはやめましょう。(笑´∀`)

 

理由は、いろいろありますが

 

一番の理由としてしては、際限なくお金を使いまくってお金がなくなるからです。

 

あ、あとこう言う方は借金までしちゃうので。(笑´∀`)

 

そこまですると笑えないです。

 

次は、冷静沈着の方!

 

個人的には、たいぞうもこの部類だと思いますが・・・。

 

こういう方は、株、投資信託などがおすすめ。

 

理由は、我慢強いが決断を強いられた際はすぱっと決断できるからです。

 

とりあえず、次にまた書きます。

 

それでは。

システムについて3(・ω・)

こんにちは、再三たいぞうです( ^o^)ノ

 

さてさて、損切りタイミングの重要な理由を書いてますが、

 

次で2つめです。

 

理由2

 

追証発生するのかどうか。

 

というのも大事です。

 

理由は、普通ですと証拠金がいくらまで行くと連絡があり、一定の金額を口座に入れることにより、強制カットを回避できます。

 

ところが、システムによりその金額(自分で決めた額、または、会社に指定された額)

でのみ運用の場合、追加で入れることができない場合もあります。

 

この場合のメリットとしては、損益時の金額がその最初の額のみ。

 

さらに、追加で入れる場合考えることができる。

 

デメリットは、運用益が好調の際に追加で資金を投入できない場合がある。

 

ここのバランスは難しいですが、分散投資をする上ではいいのではないかと思います。

 

まぁ、個人の気持ち次第ですが・・・。(笑´∀`)

 

ちなみに、私はすべてトレードも行うのも使ってます(・ω・)

 

紹介はしないですが。笑

 

とりあえず、ここまで読んでくれてありがとうございます。

システムについて2(・ω・)

こんにちは(^O^)

 

前回は、システムを選ぶ基準を書きましたが、今回はリスクについて。

 

選ぶ基準としては、損切りのタイミング(急な変動)が選ぶポイントとお伝えしましたが、

その理由としては、次に書きます。

 

理由1

 

大幅に下落した際、必ずしも決済できるとは会議らないことを覚えておいた方がいいです。

 

ある特定の銘柄で、注文が殺到した際などが特にこのケースに該当します。

 

株ならばなおさら(._.)

 

ここで、何が大きな問題かというと、含み損になった場合。

 

運用するのに必要なお金は最低限必要なのですが、ある基準に達した場合、強制でロスカットが入ります。

 

カットが入るとその分(仮に、100万円損をしていた状態)損益になります。

 

要するに、口座から100万円なくなると言うことです。

 

簡単に書いてますが、たいぞう自身経験がありますが、かなり衝撃的です。(笑´∀`)

 

と、長くなったので次に書きます。

システムについて(・ω・)

こんにちは、先週からシステムなどについてや、FXについて等書いてきましたが、

とりあえずシステムについても書いておこうと思います。

 

システムと言っても幅広く、主にメインで取り引きしてくれるもの。

 

サポートとして、予測のような感じで行ってくれるもの。

 

と、システムにより役割があります。

 

その中でも、メインで取り引きなどを行ってくれるシステムは、ピンキリです。

 

理由としては、どんなアルゴリズムか。

 

損切りのタイミングは?

 

見込みの利益は?

 

急な相場変動の際は?

 

など、システムによって得手不得手があるのは当然なのですが、

リスクを考える際急な相場変動の際の決済タイミングというところが一番重要だと思います。

 

次の更新で、詳細書いていきます。

 

それでは、次回更新で。

システムトレード補足(・ω・)

こんにちは、先日はシステムトレードについて簡単に語ってしまいましたが、

 

思い出したことがあったので書いていこうと思います。

 

ふと、数年前の出来事である方がパソコンでプログラムしはじき出された馬券を買って追徴税を納めろと言う事件?がありましたね。

 

たぶん、興味ない方からするとさほど興味を示すような内容ではないのですが、

 

競馬ファンの方は特に興味のあったのではないでしょうか。

 

内容としては、購入馬券に対しての当たり馬券での利益が数億。

 

追徴の税金が、億単位。

 

何が言いたいかというと再三にわたり、言ってますが払うものは払いましょう!です(笑´∀`)

とりあえず、このテーマはここまで。

 

それでは、また。

システムトレード(・ω・)

こんにちは、たいぞうです。

 

最近為替よろしくないですね・・。

 

ただいま絶賛不調中です( ^o^)ノ笑

 

まぁ、たいぞう実は何個かシステムでのトレード行ってまして、

 

内容は様々です(=_=)

 

ちなみに、メタトレーダーも使っております!

 

一応、プログラム、設定など行ってサポートとして使っているのです・・。

 

最近めっぽうだめですね(・ω・)笑

 

ただ、他のシストレは好調で正直結構出てます( ^o^)ノ

 

結構パソコンに詳しくないとだめとか、知識ないとだめとか思っている方いらっしゃると思いますが、

 

実際、知識なんかなくてもできますし、逆にそこを任せてくれと言う会社もあります。

 

ここでは、紹介はしませんがもしできるようならしていこうかなぁと思います。

 

それでは、本日はここまでです。

FXとはなんぞや?その3(。・ω・。)

こんにちは、たいぞうです(・ω・)

 

FX最終回となります。

 

応援してくださった方!

 

励みになります(^O^)

 

本当にありがとうございます(*^O^*)

 

さてさて、前回からの続きですが、今回は海外のFX業者についてです。

 

実際に「海外」と言うところだけで敬遠しがちな方は非常に多いと思います。

 

私、たいぞうもそうでした(――;)

 

理由はいくつかありますが、一番の理由は言葉の壁。

 

投資のワードになるとどちらかというと専門的な分野になりますし、普段からそういう環境に身を置いている方なら苦ではないと思いますが、普通の方には厳しいと思います。

 

ただ、メリットも多くあります。

 

一つは、レバレッジの規制がないということ。

 

当然リスクも伴いますが、それに見合ったリターンもあるのが現実です。

 

二つめは、為替相場の状況によってもつ通貨を決められる。

 

これは、外貨預金をやったことのある方ならばわかると思いますが、円が高いときにドルに変えるなど、その為替を変えるだけで利益になる場合も少なくはないです。

 

最後は、個人情報保護。

 

国内では、マイナンバーが発行され近々銀行の残高までわかってしまう恐れがあるのは周知されていると思いますが、資産の一部を海外に移すことにより、そこを保護することができるところもあるというところ。(注:納めるものは納めましょう)

 

以上の理由から、海外の銀行やFX業者など多少ハードルのある部分はありますが、利用する価値はあると思います。

 

なんて、書いてみましたが真面目な事書くと疲れます(・ω・)笑

 

とりあえず、FXについて?書きましたが、大幅にずれてしまったような・・・。(笑´∀`)

 

何か、質問とかあればコメントにいただければと思います(。・ω・。)

 

それでは、次回更新で(*^-^*)

FXとはなんぞや?その2(。・ω・。)

こんにちは、またまたたいぞうです(・∀・)

 

前回は大まかにFXについて書いてみましたが、いかがでしたか?(笑´∀`)

 

ん?

 

雑?

 

だって、調べた方がわかるでしょ(;。;)

 

さて、続きを書こうと思うのですが、実際にどれくらい利益を出している人は出しているのか?

 

それは、上限なんてないですね。

 

ここは、本当です。

 

だから、顔文字なしです(笑´∀`)

 

理由としては、日本のFX業者を利用している場合レバレッジ25倍までの規制がありますが、海外のFX業者を利用すれば上限なんてありません。

 

ちなみに、1000倍くらいまでの取り引きのできる会社はごまんとあります(。・ω・。)

 

多いのが400倍くらいですかね(・∀・)

 

なので、今現在海外に口座を作って運用している人が多いですね。

 

私も持っていますし、以外に使いやすいです(・ω・)

 

本日はとりあえずここまでで、次に海外のFX業者につい

FXとはなんぞや?その1 (。・ω・。)

こんにちは、たいぞうです(・ω・)

 

最近為替の変動に対応しきれず、裁量トレードは思っていた程の成績が出せず苦戦中です(T-T)笑

 

主に、メイン銘柄は、ドル円、ドルユーロですね。

 

ちなみに、楽しいですよ(。・ω・。)

 

レバレッジ(倍率)もそこまで大きくかけていないので金額的にも大きくはないですが、タイミング良く決済できれば利益が出やすい、そんな感じですね。

 

こんな風に簡単に書いていますが、込み入った話裁量トレードで行うとかなりのリスクもあることは覚えておいた方がいいと思いますよ。

 

理由としては、レバレッジ(倍率)を大きくしすぎると追加でお金を入れてくださいと証券会社から電話が来ます。

 

これは、実際に保有している銘柄に対してお金が発生しているので、それを維持するのにもお金が必要となります。

 

維持率と呼ばれるもの(単語に関しては、ググるか、本で見てください(。・ω・。)笑)

が各証券会社で決められており、そこを超えてしまうと強制的に決済され大幅な損失をかぶってしまいます。

 

と、結構いろいろ書いてみましたが、性に合わないです(――;)笑

 

結論としては、経験、運等様々な要素が必要ということです(^^;)

 

次も、FXについて書いていこうと思います。